宅配食ウェルネスダイニング│添加物は入ってる?アレルギー対応は?

ウェルネスダイニングのお弁当や料理キットに添加物は入っているのか?

購入したいけどアレルギー食材がある場合の対応は?

食の安全・安心にはうるさい調査マニアのユキナです!

添加物って聞き慣れてるけど具体的にはどんなもの?って聞かれると、

私みたいな調査マニア(笑)ならいざ知らず、意外とぼんやりとしかわかってなかったりしますよね。

せっかくなんでみなさんの健康の為にも軽~く知識を入れときましょうよ!

ちなみにウェルネスダイニングの宅配食には添加物は一切入っていないです。

添加物=悪なんて言うつもりはありませんけど、頭の片隅に「添加物ってこうなんだぁ」

と残ってくれたら嬉しいです!

※ウェルネスダイニングのアレルギー対応について今すぐ知りたい方はこちらからどうぞ

ウェルネスダイニング

そもそも添加物とは?

1児の母でもあるユキナは添加物については結構調べました。

子供に食べさせて大丈夫なの?この不安はお母さん仲間ならわかってくれるはず!

結論から言うと「積極的に摂るのを勧めることはしないけど、そんなに嫌う対象でもないな・・・」

って思ってます。

当たり前ですけど、安全性とその有効性は科学的にきちんと評価されているし、

厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるように法律でちゃんと決まっているから。

不安な方はこちらの『よくある質問』の食品添加物のルールを見てみてくださいね。

では具体的に食品添加物とはどんなものか見てみましょう!

甘味料について

代表的なものを1つだけ。

キシリトール:これはガム・飴・ジャム・焼き菓子等に使用されていますね。
名前はもう知らない人はいなでしょう。
水に溶けやすい性質があるので加熱等がされた食品加工に多く使われます。
口の中で溶けた時に熱を吸収するので、清涼感を感じるんですね。
よく知られている事ですが、虫歯にならず歯を丈夫にする機能を持ちます。
特定保健用食品(ガムなど)に使用されています。

砂糖とはひと味違った持ち味を持っていて、それが食品に活かされているのが(砂糖以外の)甘味料。

種類はいっぱいあるんですけど、それぞれの持ち味が食品に活かされています。

おすすめする訳ではないですけど、子供には虫歯予防で○○○トールガム与えてます(笑)

防腐剤について

代表的なのを一つ紹介します。

安息香酸(あんそくこうさん):抗菌・静菌作用があるので、清涼飲料等の保存料として添加されている。殺菌作用はない。日本国内では、安息香酸はキャビア、マーガリン、清涼飲料水、シロップ及び醤油のみに、安息香酸ナトリウムはそれに加えて、菓子製造に用いる果実ペースト及び果汁に使用できる。対象ごとに使用量も設定されている。

ユキナが調べてて思ったのは、「殺菌作用はない」んだぁ、でちょっと安心した(笑)

抗菌・静菌(菌の働きを抑える)の作用はあるけど殺菌はしない。

菌を殺しちゃうのはちょっと安心できないですよね。

酸化防止剤

酸化防止剤は化粧品やボディソープにも使われますが、ワインや食品に使われるものを1つだけ紹介します。

亜硫酸ナトリウム (亜硫酸ソーダ):酸化防止剤とは、食品に添加された際に自らが酸化することでその食品の酸化を防ぐ役割を果たします。水溶性のものと脂溶性のものに分かれ、食品の素材によって使い分けられます。亜硫酸ナトリウム (亜硫酸ソーダ)は水溶性に分類され、ワインの酸化と過発酵防止、ぶどうの殺菌にも使われます。
・バター・マーガリン・ラード等の油脂食品類の酸化による色や風味の劣化を防ぐ
・ジャム・ドライフルーツ等の果実加工品や漬物の変色・褐色化を防ぐ
・有害な過酸化物や発がん物質の生成を防ぐ
主にこの3つの働きがあります。

ユキナのだんな様はワインが大好きなんですが、フランス人はアル中が多いって聞いて、

「ワインはアル中になりやすいんじゃないの?」

って聞いたら、

「フランス人はただ単にワインを飲み過ぎてアル中になる。なぜならワインが凄く安いから」って聞いて納得してしまった(笑)

ワインも食品添加物も『摂り過ぎはNG』ってことですね。

着色料

着色料の豆知識です。

着色料は、自然の状態の色を長期にわたって維持することが難しいことから、加工する段階で食品の色を調整するために使われます。タール系色素が代表的なもので、鮮明な色・色がなくなりづらいという特徴があります。日本では、伝統的に色の派手さよりも、より自然に近い色を好む傾向があるので、紅花・くちなしの実・ヨモギの葉など天然の着色料がよく使われます。

日本人は自然に近い色を好むっていうのは凄く納得できますね!

そもそも真っ赤っ赤とか、真っ黄色の食べ物を大量のとることなんて無いと思うんですよね・・・

紅しょうが丼一杯とか(笑)

食品添加物を避けたい人には、摂取する量をコントロールしやすい添加物と言えると思います。

漂白剤

食品添加物・漂白剤の豆知識です。

食品を加工する際に、求めていない色が着いてしまうことがあります。そのような時、一旦色抜きすることがあるのですが、この色抜きに使われるものが漂白剤です。また、着色する前に一旦脱色してきれいな下地を作ると着色が鮮明になるので、こういった下地作りの目的で漂白剤を使うこともあります。 また、カット野菜等の生食用野菜の殺菌の目的で使われることもあります。製品が完成するまでに着色料が分解又は除去されていなければならない決まりになっています。
ユキナは、『カット野菜の殺菌目的で漂白剤が使われている』のを知ってから、カット野菜を買わなくなりました。
もし好んでカット野菜を食べてる方がいたら、否定するみたいでごめんなさい。
割高感があるから、買わないようにする理由を探していたのかもしれません(笑)
もし気分を害された方がいたら、「ユキナ家はあんまり裕福ではないんだな」って思ってください!

食品添加物について・まとめ

  • 甘味料
  • 防腐剤
  • 酸化防止剤
  • 着色料
  • 漂白剤

食品添加物を「怖い!」って人たくさんいるけど、ユキナは上手に付き合うことが大事だと思ってます。

昼はハンバーガー食べたから夜は野菜中心にしようとか、ちょっと違うけどケーキ食べたいから時間が空いたらウオーキングしようとかユキナは実践してますよ!(ダイエット効果はなかなかでないけど(笑)

ユキナはウェルネスダイニングの宅配食を日々の献立に上手に取り入れて活用してます。

また、食品添加物にアレルギー反応があるのは事実なので、食品添加物を一切含まないウェルネスダイニングの宅配食はとても安心!

みなさんもそれぞれの生活スタイルにあったウェルネスダイニングの宅配食の取り入れ方をやってほしいと思います。

ウェルネスダイニングの宅配食はアレルギー対応している?

ごめんなさい(私が謝るのも変なんだけど)ウェルネスダイニングの宅配食はアレルギーに対応したキットやお弁当を取り扱っていないんです。

ただ(私はやったことないんだけど)お弁当のメインディッシュは指定出来るみたいなんですよ!

メインディッシュがお肉・お魚・卵料理だったとして、「卵料理は苦手だから抜いて欲しい」という要望を聞いて貰えるみたいなんです。

ユキナはバランス良く食べたいのでやりませんが、苦手な食べ物がある人には嬉しいサービスですよね!

 

以上調査マニアのユキナがウェルネスダイニングの宅配食の食品添加物・アレルギーについてレポートしてみました。

お役に立てたかどうか・・・不安ですがこれで終わります!

最後まで読んでくれて本当にありがとう<(_ _)>